銘酒ネットブログ

銘酒ネット(http://meisyu.net/)に関する情報ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田の酒を楽しむ会


3/5(木)品川で開催された秋の酒を楽しむ会に参加。


近年人気が高まっている秋田の酒、今回も早々に満席となり、会場は大賑わい。


開催に先立って、業者向けのきき酒会も開催されたがこれも1000人を上回る参加、高い注目度を裏付けた。


旨い酒が呑み放題、肴はあきた名産品が詰まった折り詰めとときりたんぽ鍋。


秋田の綺麗どころも登場、優雅な踊りを疲労してくれた。


もと擦り歌を生披露。

美味しい酒と肴、そして多くの知人とも会い、満足いく会だった。

農家がつくる日本酒プロジェクト 2年目完成披露パーティin東京


秋田県大潟村の農家「松橋ファーム」さんが中心となって進めている「 農家がつくる日本酒プロジェクト」。2年目のお酒の完成披露パーティへ行ってきた。

完成したお酒は「農醸」という銘柄で酒米として秋田酒こまちを使用した純米吟醸、造りは一白水成で知られる福禄寿酒造。右側2本は昨年完成のもの。


このプロジェクトに出資すると裏ラベルに名前を入れてくれる、「銘酒ネット」がしっかり入ってます!


秋田名物といえばきりたんぽ鍋だけど、今回はきりたんぽではなく、だまこ(お米を丸く握ったもの)鍋、もっちりとしていてこれも旨い。味付けも本場秋田のもの。


靴を脱いでリラックス。手作り家具やウッディーな内装がいい感じ。


会場となったのは早稲田の古民家、製本工場だったものを主催者のひとりである「つむぎや」さんがリフォームしたもの。


古い建物だけど、温かい雰囲気。

旨い酒、秋田の鍋、知らない人とも出会うことができて、とても楽しい会だった。

黄葉見酒まつり 2014


東京・九段の靖国神社で「黄葉見酒まつり」が開催されたので行ってみた。


開催2日目はあいにくの雨。酒の他、各地の旨い食材の屋台が並び美味そうな香りが。


2000円のチケットを購入すると、グラスと枡を頂き、お酒を5杯頂けるというシステム。番号を伝えると注いでもらえる。


靖国会館で開催された新政、一白水成のトークショーに参加。


秋田の酒造グループNext5のお酒を簡単な酒肴と共に頂くことができた。


新政の天蛙の瓶。

千代田区が主催したようなので、ひょっとしたら秋の恒例行事となるかも…。

酒々井新酒祭り2014


南酒々井にある飯沼本家・甲子(きのえね)で開催された、酒々井新酒祭りに参加。


蔵の売店である「まがり家」には大きな杉玉、そして酒々井町で収穫された農産物を展示。


蔵の中では農産物の販売、仕込み水の提供、もちつき、ソバ販売など。


甘酒の振る舞い。


新酒の販売コーナー、甲子と隣町佐倉の蔵「旭鶴」を販売。


駐車場では各種催し、消防隊による演奏や地元の子供たちの太鼓などが披露されていた。


各種屋台や地元の模擬店もあり、特に焼きハマグリが新酒によく合って旨かったな。

ということで腰を落ち着けてたらふく呑んで幸せな時を過ごしました、とさ。

豊島屋酒造 蔵開き2014


豊島屋酒造は東京・東村山にある酒蔵。金婚がメインの銘柄だけど、お酒好きなら「屋守」「十右衛門」という銘柄に馴染みがあるかもしれない。


11時過ぎに到着した時点で蔵内は大賑わい、試飲も長蛇の列。


通常商品の他、蔵開き限定酒の販売も。樽酒の一杯売りも。


酒粕、地元の商品販売など。


お酒を買って、屋台で肴を買って、ここで一杯やる人達で大混雑。

年々参加人数も増えているようで、日本酒復活を確実に感じる。

東京にもこんなに旨い酒があったんだ、と驚くと思うよ、酒屋さんで見かけたらぜひ買ってみて。
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。