銘酒ネットブログ

銘酒ネット(http://meisyu.net/)に関する情報ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試飲会へ行こう!(2)

試飲会には、お酒に合わせた肴がつくタイプのものもあり、
大きくわけて、
着席と立食と2つのケースがあります。

2-a)着席で弁当が用意される

20~30程度の蔵元がブースに立ち、お酒を提供、
参加者は決められた席に座り、
会の開始と共にブースを回って酒を注いでもらいます、
参加費は5000円~7000円程度。

主なイベント)
 純米酒フェスティバル(春秋に渋谷で開催)
 やまがた酒 コレクション(春に池袋で開催)
 やまぐち地酒維新(秋に目白で開催)
秋田の酒を楽しむ会
 秋田の酒を楽しむ会(春に品川で開催)

お酒を注いでもらったら席に戻り肴を食べ、
と少々せわしなくなりますが、
各地の名産を肴に呑む地酒はまた格別です。

席は事前に決められてしまうので、
一緒に行く人が確定したら予約し、
もし、追加で行く人がいたら早めに主催者に確認するのが確実。

2-b)立食でブッフェ形式

20~30程度の蔵元がブースに立ち、お酒を提供、
テーブルは用意されるので場所を確保後、
お酒と料理をとりにいきます、
参加費は5000円程度。

主なイベント)
 ふくしま美酒体験 in 渋谷(8月に渋谷で開催)
 探そう!美味しい!佐賀の酒(6月に白金で開催)

立食の場合にはまず場所の確保が重要、
場所が確保できないと、
皿とグラスを持って立ったまま、
という非常に苦しい体勢に…。

料理もなくなることがあるので早めの確保を、
ただ、立ち呑み屋の雰囲気になるので、
近くの人と盛り上がる場合も。

まれに着席でブッフェというのもあります。

試飲会に参加しようと思った時に、
酒だけなのか、
席はあるのか、立食なのか位は、
事前にわかっていたほうがいいと思います。

次回は、街中で開催される試飲会についてです。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。