銘酒ネットブログ

銘酒ネット(http://meisyu.net/)に関する情報ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらり銀座一丁目 秋の酒祭り


銀座一丁目界隈にある7県のアンテナショップを巡って各県のお酒を試飲するイベントに参加。1県ずつまわってお酒を1杯ずつ頂きます。

まず1県目は沖縄。沖縄と言えば泡盛、だけどちょっとクセがあって飲みにくいということであれば泡盛ベースのリキュールがオススメ。


続いて日本酒ファンにはお馴染みの吉田類さんのふるさと高知、銘酒どころとしても有名。ここでは酔鯨の純米吟醸を頂く。試飲はカップ一杯50ml位かな。


茨城は一人娘の蔵元が接客、自分の蔵だけではなく茨城全体をプロモーション。どこのアンテナショップでも簡単な酒肴をもらえるけど、茨城の小魚は量が多くて美味しかった。


福井のアンテナショップには簡単なカウンターがあって、イベントの時以外でも買ったお酒をその場で味わうこともできるからオススメ。


なぜか徳島は写真忘れて、山形へ。玉こんにゃくと日本酒、旨いなー。イベントに参加していない人でも一杯200円とか払えば試飲できるし、全県制覇した後でもチケットを見せれば100円引きとかで呑むことができる。


ラストは広島、ここも酒どころだけあって多くの人で賑わっていた。

普段見かけない珍しい銘柄も多いので、銀ブラがてら楽しむのに最適。
スポンサーサイト

ふるさとの逸品を楽しむ会inちば


10/7に千葉駅前京葉銀行プラザで開催された「ふるさとの逸品を楽しむ会」に参加。


主催は千葉県酒類販売、千葉県の蔵元と名産品をメインに、全国からも数蔵が出展。


千葉県といえば醤油が有名。海産物など普段あまり馴染みのない商品も数多く見られ、試食もやっているので日本酒呑みながらのツマミにできた。


初孫(山形)、あさ開(岩手)、太平山(秋田)などの蔵も参加。


合計約700人の来場だったそう。日本酒だけの試飲よりも楽しいな。

吉乃友酒造 試飲販売情報(11月・12月)

・11月13日(木)~16日(日) 北千住マルイ
・11月19日(水)~25日(火) 大丸 神戸店
・12月10日(水)~16日(火) 大丸 東京店
・12月20日(土)~23日(火・祝) 近鉄百貨店 四日市店
・12月26日(金)~31日(水) 近鉄百貨店 草津店

吉乃友酒造Facebookページ

富山の酒とかまぼこフェア2014


10/5に有楽町・交通会館で開催された富山の酒とかまぼこフェアに参加してしてきました。会場内には鯛の細工蒲鉾の展示。会場にはオープン直後から多くの人が。


魚津にある吉乃友酒造さんに挨拶。清冽な北アルプスの水のような辛口のお酒やリンゴの酵母を使ったお酒などを試飲させていた頂きました。


羽根屋さんは毎度ながらクオリティ高いお酒を出品されてます。


北洋・本江酒造さん、こちらもスッキリとしていて華やか感じのお酒で好みの味。


カマボコをつまみながら美味しいお酒を試飲できるのは至福の時、ちなみにお酒500円、かまぼこ500円分の購入チケット付きでお得。

富山で大人気の勝駒さんは開始とともに大行列。販売、試飲ともに早々になくなってました。

千葉の酒フェスタ2014


10/3に幕張で開催された「千葉の酒フェスタ2014」に参加。今年も多くの人で賑わっていた。


入場料2000円で1000円分(イープラスで購入なら1200円分)の購入チケット付き、更にアンケートに答えると300mlお酒(銘柄はランダム)を頂けるというコスパが非常にいい会。


千葉県内には大手の工場も含め40蔵あるが約20蔵が参加。お酒の購入もできるし、千葉の逸品を販売するブースもあり、参加者も宴会のように盛り上がっている。


全国的に見ると失礼ながら千葉の酒はマイナーな存在で、千葉県外へのアピールも重要だと思うのだが、いろいろな試飲イベントをチェックしていても、甲子(一喜)以外の千葉の蔵の名前を見かけることはほとんどなく寂しい限り。


不動、福祝、鳴海(東灘)、甲子が自分の好みに近い味だと思う。そして写真の稲花は石数も少ないのでほとんど見かけないのだけど、最近注目している蔵。

気になった蔵の酒はほぼ全種類呑んで味のチェックはできた。千葉の酒を盛り上げるために自分にできることはどんどんやっていこう、と壮大な気持ちになって会場をあとにした。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。