銘酒ネットブログ

銘酒ネット(http://meisyu.net/)に関する情報ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回若手の夜明け2013

若手の夜明け2
4/28に開催された「若手の夜明け」という試飲会へ出かけてきた。

3部構成になっていて、1・2部は普通の試飲会、
3部は蔵元が用意した簡単な肴を食べながらお酒を試飲することができる。
会場自体がさほど大きくなく、参加者もほどほどなので落ち着いて試飲することができる。
若手ということで蔵元も30代が中心、気軽に話しかけて蔵の様子を聞くこともできる。

若手の夜明け3
センターには自由に飲んでいい一升瓶が並べられている。

蔵元も手が空いていれば他の蔵のお酒を試飲したり挨拶したりしている、
この辺りのユルさがこの会の魅力かな。数ある試飲会の中でも自分としても好きな会のひとつ。

若手の夜明け1
先日、蔵見学でお世話になった楯の川酒造佐藤社長とも再会。
好きな蔵ができるともっと日本酒が好きになるから、こういう場で作り手を知るというのもいいと思う。

フォロワーさん3人と実際にお会いすることができ、楽しいひとときを過ごした。
半年に1回やってるのかな、次回もぜひ行きたい会ですね。
スポンサーサイト

酒蔵めぐり(10) 楯の川酒造(2)


外観は趣きのある歴史ある蔵の佇まいなのに、中に入ると近代的な設備が並びそのギャップに驚く。


大量の瓶になぜか萌える…。


お酒を保存する冷蔵庫。昔ながらの建物の中で酒を造る奥羽自慢、最新設備の楯の川、両方の蔵を同時に見られるというのが、この見学ツアー最大のポイントのような気がする。


ひと通りの見学を終えると振る舞いコーナーが。庄内ならではの孟宗汁、玉コンニャクや甘酒、お酒の試飲で体もポカポカに。


酒粕の詰め放題コーナーも人気。


きき酒コーナー。お米の違いを感じよう、というものでしたがサッパリ???山田錦は飲んだことあるような味だなー、と分かった程度。


再びバスに乗って酒田の玉姫殿へ移動。最後に、楯野川、奥羽自慢を味わう会を開催。ちなみに私の席は佐藤社長の隣!


お酒メニュー、楯野川は全量純米大吟醸。乾杯は精米18%の中取り、この他に非売品のお酒も出品。それに抽選会では多数の商品を大盤振る舞い。

内容が非常に充実したこの会、来年は告知直後に満員御礼じゃないかと思う、素晴らしい会でした。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。