銘酒ネットブログ

銘酒ネット(http://meisyu.net/)に関する情報ノート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒蔵めぐり(8) 上喜元(1)


米どころ庄内で上喜元を醸す蔵元・酒田酒造さんの蔵見学に行って来ました。4月13日だというのに空からはアラレが降ってきたり青空が見えたりと不思議な天気。


まずは酒づくりの基本お米から、空調完備で管理されてます。既に甑倒し(お米を蒸すのを終了すること)しているそうですが、米はまだあるのでまだ作るかも、ということでした。


お米は洗米してからこの甑(こしき)で蒸します。これだけ巨大な釜でお湯を沸かして、米を洗ってセットしてと、大変な作業だな、といつも思う。


蒸した米は放冷機と呼ばれる機械で冷まします。


酒田は北前船で賑わった町、市内のあちこちに昔の賑わいを感じることのできる建物が残っている。この建物も明治後期のもの。


古民家が好きなので実際に使っている建物内に入れて大興奮。


麹室にも入れて頂きました。真ん中にある台で米をかき混ぜ、モヤシと呼ばれる麹のタネを振りかけ麹を造ります。この台は重さを量ることができるそうで、経験とカンだけでなく、酒造りにデータを加えることで、若手の蔵人も早く成長するとのことです。


試験管に入っているのは酵母、いろいろな酵母を使い分けることによって様々な酒にすることができる、まさに微生物マジック。

次回に続きます。
スポンサーサイト

八海山 しぼりたて原酒 越後で候

IMG_1876.jpg

新酒らしく荒々しいけどフレッシュな味わいで旨い、
値段も手頃だし、
日本酒あまり飲んだことない人でも、
飲めると思うよ。

千代むすび 初しぼり 純米吟醸・山田錦

IMG_1358.jpg

▼千代むすび

表参道の酒屋にて購入、
鳥取県境港にある蔵である、
今年の新酒、初しぼり、
生酒だしフレッシュで初々しい、
でも、ちょっとまだ荒い感じ、
まぁ季節感を楽しむ酒ということだな。

秋田の酒 新政、白瀑

新政、白瀑

ヤボ用で秋田・能代へ行った、
自由時間が無いながらも近所のスーパーへ、
ほほー、当然ながら日本酒は秋田の酒が多い、
白瀑は東京のスーパーにはまずない、
とりあえず和食に合う酒として純米酒を購入。

夕食時に白瀑を取り出すと、
「その酒はいい酒だから東京へのお土産にしろ」、
こっち飲め、と高清水の本醸造の一升瓶を渡された。



地元の人の感覚では、
高清水=普段飲み用、その他の酒=特別な酒、
ということなのだろうか、
高清水でも充分おいしく頂けたので問題はないけど。

別の日に能代の天洋酒店という酒屋さんにおじゃました、
この天洋酒店さんは、
秋田の酒しか置いていない、
ビールもウィスキーも焼酎も、他の県のお酒も置いていない、
というなんとも素晴らしい酒屋さん。

IMG_0353.jpg

少々お話しを伺い、
オススメの一本として紹介して頂いたのが、
新政の純吟、秋田県内限定商品。

この2本を東京へのおみやげにした、
その地方ならではの地酒を買うのもいいもんだし、
見たことのない酒をチェックするのも楽しい。

これはビールとかホッピー、チューハイには無い楽しさだろうな、
飲む時には、旅行のことを思い出すし、
地酒の素晴らしさを改めて感じた。

さとこのお酒・田端酒造

渋谷ヒカリエの地下1Fの酒売り場(エノテカ)で、
和歌山の蔵元田端酒造さんが試飲販売をやっていた。

事前に情報は調べてあるので売り場へ一直線、
この日の目玉は「さとこのお酒」、
蔵元の長谷川聡子さん自ら販売しているらしい、
売り場の前に着くと女性が2人。

いきなり目があってしまい、
試飲を勧められる、
まずは梅酒をひとくち、
和歌山といえば梅の産地、
なので梅酒も当然旨い、
だけど予算が限られているので梅酒は買えない。

次に「さとこのお酒」を試飲、
これ私が作ったんです、
和歌山の素材にこだわってるんです、
どっちが聡子さんなのかわからなかったが、
今対応している可愛らしい女性が聡子さんらしい。

ブルーの瓶が爽やか、
あまりフルーティな感じはしないが、
米の旨みを感じる酒のように思える、
こういう酒は食中酒に向いているだろう。

ついでに羅生門の大吟醸、
これはいかにも大吟醸という感じ、
こういう酒は1杯飲むだけならいいんだけどね。

試飲の結果、さとこの酒を指さして、
「これ下さい」と一言、
いきなりのご購入にかなり驚かれたが、
瓶を持って一緒にレジへ。

せっかく蔵元から来ているのであれば、
もっと話しを聞いてみたかったなー、
ちょっと残念。

家に帰り冷蔵庫に冷やす、
セミがワンワンと鳴く夕方、
キンキンに冷やしてベランダで枝豆食べながら飲むかな。


次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。